ゼミ生の論文

1期生 (FY2008)

  • 「鉄道交通におけるピーク・ロード・プライシングの導入についての経済学的分析」
  • 「九州のホームレスの現状」
  • 「教育を通しての格差の連鎖」
  • 「広告の経済効果」
  • 「公的年金制度の改善策」

 

2期生

  • 「格差問題と税制に関する検証」
  • 「子どもをめぐる政策」
  • 「ホームレスの就労支援政策に関する分析」

3期生

  • 「我が国における総合的子育て支援の重要性―安心して生み、育てることのできる社会の実現に向けて―」
  • 「安定・安価な電力供給のため制度改革」
  • 「廃鉱の島、軍艦島」
  • 「選挙に行こう~本当にあるべき政治の作り方~」
  • 「東日本大震災における経済的損失と二重債務問題」
  • 悪化する若年層の雇用とそれを取り巻く状況を見つめる」
  • 「財政赤字の解消-苛政猛於虎也」
  • 「ヨーロッパ・アジアで学んで」(※留学のため別枠)

4期生

  • 「市町村国民健康保険と医療費」
  • 「病院勤務医の地域偏在が起こる要因-二次医療圏および指定都市・中核市データを用いた分析」(※WEST論文での共著 with 5期生・優秀賞受賞)
  • 「公的年金制度の持続可能性に関するデータ分析」
  • 「就労支援と生活保護」
  • 「日本におけるキャラクターを用いたビジネス展開」
  • 「教育格差について考える」

5期生 (FY2012)

  • 「病院勤務医の地域偏在が起こる要因-二次医療圏および指定都市・中核市データを用いた分析」(※WEST論文での共著)[優秀賞受賞]
  • 「九州のヘルスツーリズムの経済効果」(※WEST論文での共著)

  • 「メンタルヘルスツーリズムの経済効果に関する実証分析」(※ISFJ論文での共著)
  • 「税改革がもたらす効果」
  • 「限界集落における戦略的再編と再生」
  • 「九州の自治体病院の効率的経営を探る -相関分析と回帰分析を用いて-」
  • 「介護離職の要因分析」
  • 「次世代火力発電の導入効果」
  • 「訪問介護員の賃金改善政策の検証」
  • 「ベーシックインカムの必要価値と実現可能性」
  • 「日本のドラマコンテンツにおける海外展開戦略」
  • 「いじめ被害体験者に及ぼす長期的な影響とレジリエンスへの寄与の要因」
  • 「たばこ税増税に関する分析」

6期生

  • 「メンタルヘルスツーリズムの経済効果に関する実証分析」(※ISFJ論文での共著(with 5期生))
  • 「日本が行うべき少子化対策―時系列変化で見る少子化の実証分析」

7期生

  • 「ホームレスの現状と生活・就労支援に関する分析」(※WEST論文での共著)
  • 「高等教育における奨学金制度利用と学生生活の実証分析」(※WEST論文での共著)

  • 「スマートフォンが学力に与える影響」
  • 「高齢者の地方移住促進に向けて」
  • 「東京オリンピックが地方経済に与える影響」
  • 「高等教育費が出生率に与える影響について」
  • 「グローバル化の経済成長に与える影響―リーマンショック後と先進国のこれから」

8期生

  • 「ワーク・ライフ・バランス支援制度の管理職登用への影響に関する実証分析」(※WEST論文での共著・分科会賞受賞)
  • 「高等教育における奨学金制度利用と学生生活の実証分析」(※WEST論文での共著 ・分科会賞受賞 (with 7期生))

  • 「少子化の解消につながる結婚支援策」
  •  “Happiness”
  • 「介護離職への対策について」
  • 「所得格差の歴史―明治から戦後改革までを中心に―」
  • 「ゆとり教育の印象・実社会への効果」
  • 「ひとり親世帯の教育に関する分析」

9期生/10期生

  • 「読書が学力に与える影響」(※10期生との共著)
  • 「満足度の決定要因―日米仏韓の比較研究」
  • 「学力格差の是正につながる学習環境とは」
  • 「時間割引率が格差に与える影響」
  • 「犯罪率による教育効果の計測」
  • 「五輪でメダル獲得数を増やすには」

11期生 (FY2018)

  • 「所得の貧困と時間の貧困」(※3年生・共同論文)
  • 「九州・首都圏の地価と医療・介護施設の関連性の検証」(※3年生・共同論文)

  • 「教師の置かれている現状と教師の未来」
  • 「母親の就労が子どもの学習に与える影響」
  • 「主観的幸福度の向上と地方活性化」
  • 「ソーシャル・キャピタルが健康に与える影響」
  • 「国民年金未加入者における要因分析」

12期生

  • 「読書が学力に与える影響―日本・米国のPISAデータを利用した実証分析」(※共同論文)
  • 「学歴と就業率の関係―大卒妻の働き方に着目して」(※共同論文)

  • 「日本平均寿命の社会的要因」
  • 「黒人の学力の決定要因」
  • 「家庭環境が中学生の進学意欲に与える影響」

13期生

  • 「社会階層別に見たコロナ危機」(※共同論文)
  • 「地方自治体の債務水準が福祉関連支出に与える影響〜九州の自治体を中心に〜」(※共同論文)
  • 「児童虐待を防ぐために」(※共同論文)

 

2012thesis

2012年12月。2012年度WEST論文研究発表会(in 同志社大学)にて。

 

2013_ISFJ

2013年12月。2013年度ISFJ研究発表会(in 明治大学)にて。

 

 

Copyright© 2015 Urakawa seminar. All right reserved