学部生の方

学部生の方

浦川ゼミでは、主に日本や欧米諸国の税制や医療・介護・保育などの社会保障政策に注目し、それらの政策が人口、経済成長、格差・貧困とどのように結びついているのかを実際のデータを分析しながら考える活動を日々行っています。したがって、医療、介護、雇用、保育、年金などの社会保障政策に強い関心がある人の入ゼミを歓迎します。

税制や社会保障の制度変更によって生じる政策効果を検証する際は、統計学や計量経済学の知識が重要になります。そのため、現状では税制、社会保障制度にそれほど詳しくはないけれども、統計学や計量経済学の分析ツールを用いて、人口データや財政データを用いたデータ分析を行い、実践的な計量分析の手法を学びたいという学生の入ゼミも歓迎します。

(※浦川ゼミの活動内容は「ゼミ生の方」のページを参照ください。)

Copyright© 2015 Urakawa seminar. All right reserved